映画「銀魂」

今もなお週刊少年ジャンプで人気連載中の漫画「銀魂」が実写映画化されました。今まで漫画の実写化には泣かされてきましたが、この映画は少し期待していました。というのも、個人的に好きなドラマ「勇者ヨシヒコ」とほぼ同じスタッフ、キャストだったからです。

基本はギャグストーリーなのですが、終盤はとてもシリアスな展開となり、そのギャップにもひかれていきます。このあたりは漫画の通りでとても好感が持てました。キャストは美男美女ばかりなのに、他のドラマではおおよそ言わないであろう、少々やばめのセリフをガンガン言うところは「これは大丈夫なのか?」といい意味で不安にさせられました。

特に1万人に1人の美少女とまで言われている、神楽を演じる橋本環奈の開き直りっぷりたるや、並々ならぬプロ意識を感じざるを得ません。普通にしていれば美少女なのに、役だからとはいえ、変顔して鼻をほじりながらお上品とは言えないセリフを言うというシーンは、さすがに度肝を抜かれました。

しかし一番着目してほしいのが、武市変平太役の佐藤二朗です。え、原作のキャラってこんなんだったっけ?って疑うくらいの違和感といいますか、これは武市変平太じゃなくて佐藤二朗だろ?とついツッコみたくなります。とても自由に演じてらっしゃるのです。

もちろん銀さん役の小栗旬もいい味を出しているのですが、周りのキャストがあまりにも個性的すぎて、つい他に目が行ってしまいます。賛否両論はあるかもしれませんが、私は最初から最後までとても楽しめた作品でした。