映画「ドラえもん 新・のび太の大魔境」

幼い頃より大山のぶ代ドラえもんを見てきた私は「今のドラえもんでは何をもってしても、過去のドラえもんを超えることはないだろう」という、あまりよろしくない偏見を抱いていました。しかしこの「ドラえもん 新・のび太の大魔境」を見てその偏見は見事に打ち砕かれました。

この映画の元となっている「ドラえもん のび太の大魔境」はとても好きな作品で、何度も見ては何度も感動して泣いていました。先日久しぶりに見る機会があり、やっぱり今みてもいいなあと思っていたのですが、その関連で、新しいバージョンも映画になっていると知りました。

前の大魔境は超えることはないだろうと軽い気持ちで見たのですが、前作に負けずとも劣らない感動っぷりに、涙で前が見えませんでした。前作と何か所か違うところがあり、普段であれば「勝手に内容変えるなよ」と怒りたくなるところだったんですが、その変更点が非常にうまく機能しているのです。

ペコがのび太たちをかばい、一人で敵に立ち向かおうとしている時に、責任を感じたジャイアンがペコについていくシーンがあります。ここでジャイアンはペコを殴って説得します。これが前作にはない変更点のひとつです。

そしてすべてが解決した後、のび太とペコが抱き合って涙するシーン、これも前作にはありませんでした。それが終わると、みんながどこでもドアで帰っていくのですが、ペコが帰っていくジャイアンに向けて、ほっぺたをなぐるジェスチャーを見せます。お前の拳、効いたぜと言わんばかりに。このシーンで私は号泣してしまいました。

今のドラえもんもなかなか捨てたものじゃないと思い知らされた、おすすめの一作です。