アングラな世界観に戦慄ー日本で一番悪い奴らを観て―

日本で一番悪い奴らは2016年初夏に公開された日本映画です。本作は北海道警察で不祥事を起こして服役していた元刑事の手記が原作となっています。主演は綾野剛さんで、普段の彼の爽やかなイメージからは大きくかけ離れた怪演が見ものです。綾野さんはこの作品で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞されています。主題歌は東京スカイパラダイスオケーストラが務められており、作中のブラックな世界観を見事に明るく彩っています。

主人公である諸星要一は大学を卒業後、北海道警察に赴任するもなかなか実績を上げられず、バディを組んだ先輩刑事に叱責される日々が続きました。そんな中、諸星は先輩刑事である村井に飲みに誘われます。飲みに行った先で、諸星は、警察の点数稼ぎのコツは裏社会とつながりをもつことだと村井から教わり、そのことををきっかけに諸星は悪の道を突き進むことになります。

諸星は初めの頃は真面目で正義感の強い青年として登場しますが、そんな彼が村井の言葉をきっかけに暴力団と関係を持ち、次第に覚せい剤の密輸にまで手を出すことになります。諸星も本当は警察官としての任務を遂行するのに必死なだけだったのに、その意志がどんどん悪い方向へ向かっていったのは、彼の運が悪かっただけなのだろうなとも思いました。映画の中盤から終盤にかけて登場する諸星の上司のえげつない要求に諸星が圧され、彼の精神と肉体がボロボロに崩壊していく様には目も当てられなくなりました。

また、本作はアングラな内容が満載ですが、それらは軽快にテンポよく描かれているので非常にエンターテイメント性の強い作品となっています。刺激の強い内容が連続するので、高校生以下の方はご視聴をお控え下さい。