DESTINY鎌倉物語

堺雅人と高畑充希が主演する鎌倉物語は、魔物と人間が普通に生活する鎌倉を舞台に描かれた映画です。
序盤から中盤は堺雅人と高畑充希の夫婦話で、それから冥界に妻を迎えに行くという話になっていきます。
最初、この物語を視聴した時は夫婦のラブストーリーで、なんだか平凡な話だなと思っていました。
しかし、だんだんと色んな夫婦の形が出てくるにつれて物語に引き込まれていきました。
特にご近所の奥さんが亡くなってからも幽霊として旦那さんと暮らし、旦那さんがなくなったら死神と共に笑顔で冥界に旅立っていくのは心にぐっときました。
仲良く、腕をつないで行く場面から私は物語に引き込まれていきました。
そして、堤真一が魔物になりながらも家族を見守ると決めた事、堺雅人が妻を連れ戻すと覚悟を決めて霊界に言った事なども夫婦について色々と考える事ができました。
あと、高畑充希ちゃんが超可愛かったです。おねだりする所や旦那さんに向かって笑う所など、胸キュンポイントがたくさんありました。
そして、演技力の高さを改めて感じたのが安藤サクラが演じる死神です。
男性でも女性でもない中性的な死神で、ノリが軽い役を見事に演じきってました。
帽子をかぶって髪色を変えていたからか、私は最後まで死神が安藤サクラだと気づかず、物語が終わってから誰だろうと検索したら安藤サクラでした。
他にも要潤が面白キャラで出演していたりなど、豪華キャラが出演していたので俳優陣も良かったです。