「君の名は。」の感想

今話題の、映画「君の名は。」の個人的な感想を簡単にまとめていきたいと思います。作品のタイトルから興味をそそられて、youtubeで予告を見て、絶対見たいと思ったのが「君の名は。」を見たきっかけです。まず、この映画を見て感じたことは、内容が割と難しいということです。もっと、単純明快な内容で、小さい子供から楽しめるものだと思っていましたが、過去や未来などが交差するため、頭の中で時系列を想像しながら見なければ内容が入ってこないので、難しめだと個人的には感じました。また、なんといっても映像と音楽が素晴らしいです。最初のシーンから、東京のシーンが描かれていて、とても繊細で色なども完璧で、すぐ映画に引き込まれてしまいました。また、音楽やその挿入する場所も絶妙で、鳥肌が立つシーンが何度もあり、映画に花を添えていると強く感じました。また、キャラクターの性格や個性も生き生きと分かりやすく描かれていて、物語に入り込みやすい感じがしました。男女が入れ替わるシーンも、うまく描かれていて、本当に入れ替わったらこんな感じになるのかな、なんて考えながら見てました(笑)そして、素晴らしいのはストーリーもです。最初はどんどん伏線を張っていって、後半に一気に伏線を回収していく感じで、後半に一気にストーリーがどんどん加速して進んでいくのが、見ていて心地が良かったです。また、心打たれるシーンやはっと驚かされるシーンが多く、後半は鳥肌が立ちっぱなしでした(笑)結末も素晴らしく、寂しさや悲しさ、もどかしさが一気にうれしい気持ちになって、見終わった後、とてもすっきりしました。トータルして本当に素晴らしい映画だと思います。見て損は絶対ないと思うので、気になっていてまだ見ていない方などは、ぜひ見てみてください。