パルプフィクション

色々なオシャレな芸能人や少し映画のことが詳しい人が、好きな映画にあげるのが「パルプフィクション」ですね。
これは、悪い意味ではなく、本当に楽しい映画なんですが、映画が好きではない方には、あまりオススメできない映画かもしれません。
1994年 タランティーノ、脚本・監督ですね。あらすじとしましては、ギャングとその取り巻きを囲む愉快な仲間達の周囲で起こるドタバタ喜劇と言ったところでしょうか。
ギャングのボスに言われて朝一でブツを回収に行くが、トラブルが発生します。
なんとか、トラブル解消します。
ギャングの一人は、ボスの奥さんと食事に行くことになりますが、又してもトラブルが発生します。
そして、次の日には、そのギャングが、場末の売れないボクサーに殺されてしまう。
しかし、場面の構成が通常の映画とは異なっています。
これは、観てのお楽しみということになります。
一つだけヒントを言いますと、映画の途中から、映画が始まるということです。
「はーこう言うことかなるほ・・・すごい」って感じですね。
俳優陣は、いつものタランティーノ映画ではおなじみの人ばかりです。
お約束で、やはり、タランティーノ本人も出演しています。劇中では、お約束の内容がない話をしています。
また、この映画で非常に重要なのが、ジョン・トラボルタですね。
この映画で、サタデーナイトフィバー以来の、完全復活を遂げたと言っていいでしょう。
少し頭を使わなくては、分かりづらい映画とも言えます。
正直一回だけの視聴ではわからないことが多いかもしれません。
1度みて、気になったら、2度3度と観て行く中で、面白さがじわじわ来るスルメのような映画です。
ぜひ、一度観てみてはいかがでしょうか。