コレクター・ユイ

私がこのアニメが好きな理由は、まるで近未来の私たちの生活を見ているかのような気がしたからです。

舞台が近未来というのもあるのですが、コムネットという仮想空間で人々が意識だけを飛ばして遊んでいるとか、インターネット用語がたくさん出てきたりと、今までインターネットにあまり興味がなかった人にも受け入れやすい内容だったからです。

そして、あらゆるソフトが擬人化しているのも、かなり分かりやすかったですし、仲間をどんどん増やしていくというのも楽しかったです。

そして、敵となるグロッサーは、プログラムではなく、人間のように生きたいと願っていました。

もしかしたら、人工知能はいつしか自分の考えを持つようになり、人間のように生きたいと願うようになるのかもしれないという事を考えさせられました。

この作品は、単なる正義と悪に分かれている訳ではなく、そこには人間だからこそ理解する事が出来ない感情があったのではないかと思います。

インターネットは、今まで知らなかったあらゆる世界と繋がる事が出来る世界だという事を、小さい子にも分かりやすく説明してくれた作品です。

インターネットかどんどん発展してきた今見直すと、当時では気がつかなかった様々な事も分かるようになりました。

いつか、本当にこの作品のように私たちがインターネットを使い、仮想空間と現実世界を行ったり来たり出来れば良いと思いました。

そうなったら、きっと今よりも、もっと生活は豊かになる事だと思います。