あなたは殺人犯ですか? 映画「怒り」のおもしろさ

 殺人事件の犯人として指名手配された人物の写真によく似た3人の男と、その3人の男を取り巻く様々な人間の映画です。見どころはやはり、「3人の男のうち、犯人は誰なのか?」というところです。犯人の写真に似た男3人を演じるのはそれぞれ、俳優の森山未來、綾野剛、松山ケンイチの3人です。

 序盤~中盤あたりでは、「もしかして3人の共犯なのでは?」と予想していました。予想の結果は・・・犯人の人数は伏せますが、「こうだったら嫌だなぁ。」と思っていた結末だったので映画終了後も席から立ち上がれないような苦しい気持ちでした。

 「あなたを信じたい」この映画のフライヤーに書かれている最後の一文です。

私は、この映画は「怒り」の感情と「人を信じること」の関係を描いたものではないかと考えました。犯人候補1の松山ケンイチと犯人候補2の綾野剛を取り巻く人々は男を信じ切れなかった自分に怒りを持ち、犯人候補3の森山未來を取り巻く人々は男を信じたからこそ怒りを持ちました。信じることへ持つイメージ、怒りのタイミングが登場人物それぞれで違っていて、現実の世界でも当たり前のことだと分かっていながらも、見ていてとても興味深かったです。

 人の気持ちはその人自身にしか分からず、仮に他人に分かってもらおうとしても完全に伝えることは難しいと強く感じました。また人と人とが信じ合いその繋がりをずっと続けることも難しいことなんだと分かりました。